車検を取り扱う工場の違い

###Site Name###

自家用の普通自動車であれば、新車としてはじめて運輸支局でナンバープレートの登録をしてから3年、それ以降継続して乗る場合は2年というのが、次回の車検を受ける上での原則となっている期間です。

こうした車検を受けるにあたっては、スタッフに自宅まで取りに来てもらうか、または自力で乗り付けるかして、近くにある自動車整備工場に自動車を搬入するというのが一般的です。

ただし、自動車整備工場には、実は「認証工場」と「指定工場」とよばれる2つの種類があり、それぞれ対応できる作業の範囲が異なっています。

「認証工場」は、国土交通省の出先機関にあたる地方運輸局から認証を受けた工場であり、自動車の車体を整備したり、改造したりすることが法律上可能になっています。

知って納得の入間郡の車検に関する情報が閲覧できます。

そのため、ライトやエンジンなどの不具合を分解してチェックし、新品パーツに交換したりすることができます。

しかし、あくまでも整備や改造のみを認可されているため、車検そのものはナンバープレートを管轄している運輸支局に自動車を持ち込んだ上でということになります。

そのいっぽうにおいて、「指定工場」のほうは、自動車の改造や整備ももちろん可能ですが、そのほかにも、専用の検査レーンや検査員というスタッフを置いているため、工場内で自前で車検をすることができるようになっています。

秋田の車検情報のお得な利用法をお教えします。

そのため、自動車そのものは運輸支局まで搬送する必要がなく、結果だけを運輸支局に申告して車検証の交付を受けるという手順になります。